月刊 『DENTAL VISION』 2018年11月号を発刊しました

◆ 特集/在宅歯科医療と多職種連携
―潜在する歯科ニーズを浮き上がらせる情報共有―
◇歯科医師
 在宅医療と多職種連携はどこまで進んでいるか
 /日本歯科医師会・常務理事/小玉剛
◇歯科衛生士
 潜在的な歯科ニーズを医療連携のステージへ、
 歯科衛生士が推進する多職種連携
 /日本歯科衛生士会・会長/武井紀子、理事/山口朱見
◇管理栄養士
 管理栄養士が行う多職種連携の現状と課題
 /東京都栄養士会・会長/西村一弘
◇理学療法士
 理学療法士が行う多職種連携の現状
 /K-WORKER 訪問看護リハビリステーション・所長/越後雅史

◆メッセージ
 埼玉県歯科医師会創立110周年、歴史と伝統を踏まえ新たな旅立ちの時に
 /(一社)埼玉県歯科医師会/島田篤 会長

◆TOPICS
◇8020運動30周年記念事業、映画「笑顔の向こうに」来春公開へ/日本歯科医師会
◇国内2位規模の「人材派遣健康保険組合」が解散を決定
◇平成30年秋の叙勲・褒章(歯科関係)

◆ 巻末カラー
◇現役歯科美女図鑑/江原佳奈さん
◇アラデンカルチャークラブ/「ペット」江原佳奈さん
◇編集部突撃レポート/Japan Robot Week 2018
◇緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会

ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』   パーマリンク

コメントは受け付けていません。