作成者別アーカイブ: ikeipress

衆議院選挙、自民党の比例代表名簿に歯科関係から3名

 政府は衆議院の解散を受けて臨時閣議を開き、衆議院選挙の日程を10月19日公示、10月31日投開票とすることを決めた。  歯科関係者からは、自民党比例代表の名簿に前職1名と新人2名の立候補者が名を連ねた。  北海道ブロックでは渡辺孝一前衆議院議員(当選3回)が再選を目指すほか、東京ブロックで伊藤智加氏(歯科医師、日本大学歯学部専任講師)、東海ブロックで岡本康宏氏(歯科医師、元愛知学院大学歯学部助教)の2人が当選を目指して選挙戦に臨む。

カテゴリー: 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

会長表彰2名、終身会員表彰は129名―東京都歯科医師会

 東京都歯科医師会は10月7日に東京・市ヶ谷の歯科医師会館で、令和3年度『東京都歯科医師会の日』表彰式を開催した。  会長表彰は、小林進氏(荏原)、岩澤京氏(大森)の二人が受彰した。令和3年度終身会員被表彰者は129名。なお今年の保健文化賞は受賞該当地区がなかった。  祝辞に立った井上惠司会長は、「今後とも会務の執行に対し、ご経験と叡智を元にご指導いただければと思います」と述べた。出席した来賓からは、日本歯科医師会の森末裕行理事が堀憲郎会長の祝辞を代読し、東京都歯科医師会代議員会の塩津二郎議長が祝辞を述べ、被表彰者を代表して田口文彦氏(新宿)が謝辞を述べた。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

厚生労働省事務次官に吉田学氏、口腔ケア担当審議官に間隆一郎氏

 日本歯科医師会の定例記者会見が9月30日に行われ、東京・市ヶ谷の歯科医師会館からWEBを介して歯科記者会各社と質疑が行われた。  堀憲郎会長はあいさつの中で、厚労省の人事についてふれ、厚生労働事務次官に吉田学氏が就任したこと、口腔ケア担当の審議官として間(はざま)隆一郎氏が就任したことを明らかにした。  報告では林正純常務理事が、歯科外来等感染症対策実施加算(5点)は、令和3年9月診療分までで10月1日以降は算定できないこと、乳幼児感染予防加算(55点)は10月1日から令和4年3月31日までは28点で、減算になることなどを説明した。

カテゴリー: 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

次期参議院選挙では山田宏議員に東京から10万票を―東京都歯科医師連盟

 東京都歯科医師連盟の第134回臨時評議員会が9月22日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。あいさつに立った大越壽和会長は、「衆議院選挙につづいて来年には山田宏議員を擁する参議院選挙が行われる。東京都においては総力を結集して10万票以上は勝ち取ろうではないか」と賛同を求めた。  その他の協議では太田英一評議員(足立)から、不足している治療用麻酔薬の供給見通しについて見解が求められた。日常的に使用されているキシロカインを製造する過程で使用する無菌フィルターが、新型コロナのワクチン製造に優先されているため、出荷がストップしている状況が続いている。  これについて岡本徹専務理事は、「コロナ禍の影響でキシロカインのカートリッジの生産が何ヶ月もストップしており、代替材料としてオーラ注とキシレステシンがあるが、在庫が十分ではない。医科でも支障が出ているとは聞いている。引き続き情報提供に努める」とした。

カテゴリー: 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

日本スポーツ歯科医学会、ライブ配信併用のハイブリッド型で開催

 9月21日・22日の両日、神奈川県歯科医師会館をメイン会場にして、第32回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会が行われた。開催形式は、現地で行う講演とライブ配信を併用するハイブリッド型で、多くのプログラムは会期後にオンデマインド配信も行われた。  特別記念講演では、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会顧問を務める猪谷千春氏を講師に迎え、『今後のオリンピックの動向について 〜第32回オリンピック競技大会(2020/東京)レガシーを見据えて〜』が行われた。

カテゴリー: 学会・イベント | コメントは受け付けていません。