作成者別アーカイブ: ikeipress

月刊 『DENTAL VISION』 2022年11月号を発刊しました

◆介護施設と歯科の関わり2022 ―コロナ禍で現場の人で不足に拍車、QOL維持に必要な歯科の関わり ◇ 介護従事者・管理栄養士の求人市場動向   /(株)グッピーズ・金武悟 ◇ 歯科が運営する介護施設、コロナ禍の影響と将来展望   /(医)日成会・(社福)敬愛健伸会   /平井基之 理事長、平井知佐子 常務理事 ◇ コロナ後の介護施設と歯科医療   /(医)六峯会・近藤修六 理事長 ◇ 「リハビリ」「栄養」「口腔」三位一体で効果を上げる自立支援   /(公社)日本歯科医師会・細野純 理事   /訪問歯科衛生士・深澤佳世 ◆ メッセージ  三重の地で東海信越地区役員合同連絡協議会を開催  /(公社)三重県歯科医師会・大杉和司 会長 ◆ TOPICS ◇ 「オン資対応が困難」60才以上の19.3%が回答/日本歯科医師会 ◇ 類を見ない物価高騰は医療機関存続の危機と認識/日本歯科医師連盟 ◇ 山梨・甲府で第86回全国学校歯科保健研究大会/日本学校歯科医会 ◆ … 続きを読む

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2022」は井桁弘恵さんと神尾楓珠さん

 日本歯科医師会は「いい歯(118)の日」を記念して11月8日、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2022」を東京・丸の内の丸ビルホールで開催した。  日歯では8020運動の推進と、国民への啓発活動の一環として2018年より「いい歯は毎日を元気にプロジェクト」を開始しているが、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」はその中心事業の一つ。同プロジェクト実行委員会が、その年もっとも笑顔が輝いている文化人・著名人を選び表彰するというもの。日歯会員の投票で選出する方式で1993年にスタートし、29回目を迎えることになった。  今年の受賞者はモデルで女優の井桁弘恵(いげたひろえ)さんと、俳優の神尾楓珠(かみおふうじゅ)さん。井桁さんは雑誌「MORE」(集英社)の専属モデルで「ヒルナンデス」(NTB)の水曜レギュラーなどに出演中。神尾さんはドラマ「オールドルーキー」(TBS)や映画「親密な他人」などに出演し、舞台やバラエティーでも活躍中。  二人は口腔に関連して日々気をつけることとして、「こまめな水分補給」(井桁)、「口呼吸をしない」(神尾)を挙げた。

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2022年10月号を発刊しました

◆歯科技工の2040年問題を考える ―高齢化の進展と若年層の減少、  急速に進むデジタル技術の普及と経済格差 ◇ 求人求職状況から見た歯科技工士の動向   /(株)グッピーズ・金武悟 ◇ 時代の変化に対応する組織へ再構築、日本歯科技工士会が変わる   /(公社)日本歯科技工士会・森野隆 会長 ◇ 制度予算要望で養成校支援、国民向け映画製作でPR   /(公社)日本歯科医師会・三代知史 常務理事 ◇ 歯科技工士の将来ビジョン構築へ千葉県歯科医師会が名乗り   /千葉県歯科医師会歯科技工士プロジェクトチーム・砂川稔 委員長 ◆ メッセージ  100名超える県政関係者に「歯科保健の先進県を目指す」と阿部会長  /岐阜県歯科医師会・岐阜県歯科医師連盟 阿部義和会長 ◆ TOPICS ◇ 令和3年度の概算医療費公表、歯科医療費は回復基調も物価高騰が重荷 ◇ 堀憲郎会長が今期で勇退、次期会長選挙に不出馬を明言/日本歯科医師会 ◇ 物価高騰対策の臨時交付金、愛媛県では27万円の給付、他 ◆ 巻末カラー ◇ 現役歯科美女図鑑/近藤万知さん ◇ … 続きを読む

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

堀憲郎会長が次期会長予備選挙に出馬しない意向を表明

 9月29日に東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された日本歯科医師会の定例記者会見の中で、堀憲郎会長が次期会長予備選挙には出馬しない意向を明らかにした。堀会長は平成28年3月に会長に就任し、任期満了となる来年6月で7年3ヶ月となる。  不出馬の理由として、「もともと長期にわたり会長職にとどまるつもりはなかったが、新型コロナの発生や『2040年を見据えた歯科ビジョン』作っただけで終わるのも如何なものかという思いがあり、さらに一期2年間とどまる決意をしたのが前回の会長選挙だった。コロナ対応では医療人の一員としての基本的な矜持、方向性は示すことができたと自負している。歯科ビジョンも具体的なアクションに踏み込むところまでできていると思い、その(不出馬の)方向で決断した」と心境を明らかにした。  なお、次期会長については、「後継指名などをするつもりはまったくない。ただ、大久保執行部に在任中から新しい歯科医療が担う方向性を議論し発信してきたので、そうした流れを引き継げるような新執行部ができることを期待する」と述べた。  また質疑の中で柳川忠廣副会長は、出馬要請の有無が問われたことに対し、「静岡県歯科医師会と神奈川県歯科医師会から出馬要請され推薦状を受けている」と明らかにした。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2022年9月号を発刊しました

◆物価高騰時代の歯科医院経営 ―歯科材料から電気代、人件費まで広範囲なインフレへの対応策 ◇ 歯科器械、材料の価格高騰が歯科医院経営を直撃   /福岡博史・桐原仁子 ◇ 日歯連盟が歯科機器・材料価格の緊急調査を実施   /日本歯科医師連盟 ◇ コロナ禍で加速するコスト増と人材不足   /市川矯正歯科医院・市川和博 会長 ◇ 医療関係者の給与水準を押し上げた新型コロナ   /(株)グッピーズ・金武悟 ◇ 物価高騰時代の歯科医院経営   /MOCAL株式会社・今野賢二 代表取締役 ◆ メッセージ  近畿北陸地区歯科医師会・歯科医師連盟合同協議会  /(一社)奈良県歯科医師会・末瀬一彦 会長 ◆ TOPICS ◇ マイナ保険証の患者負担軽減へ、FDIは9月にスイスで開催/日本歯科医師会 ◇ 独自調査で歯科器材価格の価格高騰を検証/日本歯科医師連盟 ◇ 次期日歯会長予備選挙のスケジュール、参院選得票率、他 ◆ 巻末カラー ◇ … 続きを読む

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。