作成者別アーカイブ: ikeipress

十三大市歯科医師会役員連絡協議会、横浜市開港記念会館で開催

 政令指定都市の歯科医師会で構成される「十三大市歯科医師会役員連絡協議会」が10月5日、横浜市開港記念会館(神奈川県横浜市)で開催された。メインテーマは『未来予想図:政令市歯科医師会の2032年』。  主管を務める横浜市歯科医師会の杉山紀子会長によるあいさつに続いて、基調講演では講師に日本歯科医師会の堀憲郎会長を迎え、演題『令和における歯科医療の姿〜2040年を見据えた歯科ビジョン構築に向けて〜』が行われた。  分科会では、テーマⅠ「『口から食べる』を育て、守り、支援する〜13政令市が取り組むために〜」、テーマⅡ「歯科医師会の未来をシミュレートする〜多様性を受け入れるために〜」の2題が協議された。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

東京都歯科医師会の日に会長表彰3名、終身会員表彰158名を表彰

 令和元年度「東京都歯科医師会の日」表彰式が10月3日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。主催者を代表して山崎一男会長が式辞を述べたのち表彰に移り、会長表彰(85歳以上の会員で歯科保健事業を50年以上行い、現在も従事している会員)では、井坂英夫氏(大森)、川口洋二氏(玉川)、宮原有義氏(練馬区)の三氏が表彰状を手渡された。  また、70歳以上で都歯在籍35年以上の終身会員表彰では158名、保健・医療・福祉の普及向上に功労のあった団体に贈られる保健文化表彰では公益社団法人東京都台東区歯科医師会と公益社団法人東京都江戸川区歯科医師会の2団体が選ばれた。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2019年10月号を発刊しました

◆特集/施設基準の合理性を考える ―か強診、歯援診で二極化は進むのか ―GPに納得感ある施設基準のあり方とは ◇2020年の診療報酬改定の議論が本格化/編集部 ◇「か強診」「歯援診」で二極化は進むのか  (公社)日本歯科医師会・林正純 常務理事 ◇地域の一般開業医に望ましい施設基準のあり方とは  (一社)東京都新宿区歯科医師会・蛯名勝之 会長 ◆メッセージ  人生100年時代を見据えて、歯科医師会に求められること  (一社)神奈川県歯科医師会・松井克之 会長 ◆TOPICS ◇歯科医療費2兆9712億円、前年度比プラス560億円/日本歯科医師会 ◇日歯役員就任披露パーティーに700名が参集/日本歯科医師会 ◇第98回臨時総会で次期の核となる5事業を示す/日本学校歯科医会 ◇同窓生の絆を深める「ホームカミングデー」開催/鶴見大学歯学部同窓会 ◇日本歯科医史学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、他 ◆ 巻末カラー ◇現役歯科美女図鑑/川原綾夏さん ◇アラデンカルチャークラブ/「ラグビー」三井博晶さん ◇編集部突撃レポート/第18回ダイエット&ビューティーフェア2019 ◇緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会 ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

アジア学校歯科保健研究大会、2021年の日本開催を検討―日本学校歯科医会

 日本学校歯科医会の第98回臨時総会が10月2日、東京・市ヶ谷のTKP市ヶ谷カンファレンスセンターで開催された。冒頭のあいさつに立った川本強会長は、20年前に日本で開催された第1回のアジア学校歯科保健研究大会、通称「アジア会議」についてふれ、「各国で開催されほぼ一巡したことから、再度日本での開催が要望されている。20年の間にアジア各国にどこまで日本からの支援が浸透したかを検証する意味も含め、2021年秋に日本での開催を検討している」と述べた。  第1号議案では、議長に阿部義和代表会員(岐阜県)、副議長に杉原瑛治代表会員(福岡県)が賛成多数で選出された。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

妊産婦向けアプリ『Babyプラス』に予防歯科情報を掲載―日本歯科医師会

 9月25日に東京・市ヶ谷の「アルカディア市ヶ谷 私学会館」で、日本歯科医師会と日本産科婦人科学会による新たな取組みに関する共同記者会見が行われた。内容は、日本産科婦人科学会が監修する妊産婦向けアプリ『Babyプラス』上に日本歯科医師会監修による予防歯科情報を掲載し、妊産婦向け「予防歯科ガイド」のサービスを開始するというもの。両会は本年1月に、妊産婦の予防歯科の推進に向け、連携を進めるために覚書を調印している。  日本歯科医師会の堀憲郎会長は、「妊娠期には妊娠性歯肉炎のような特有の症状が現れる。また、妊産婦が歯周病に罹患していると、早産や低体重児出産のリスクが高まるというデータがあり、アプリを通じて妊産婦の不安を軽減することの意義は大きい」と述べた。

カテゴリー: 学会・イベント | コメントは受け付けていません。