作成者別アーカイブ: ikeipress

村田元副理事長に一審判決、禁固2根、執行猶予3年―日本歯科医師連盟

 日本歯科医師連盟の定例記者会見が1月26日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。あいさつに立った高橋英登会長は現在進められている裁判にふれ、次のように述べた。 高橋 村田元副理事長に対する残念な一審判決が出た。禁固2年、執行猶予3年という非常に重い結果を真摯に受け止めている。組織にとっては重たい鉄槌と感じている。何が原因だったのかをさらに深く検証し、組織の立て直しに向け一丸となって取り組んでいるところである。  次期組織代表選挙については、従前より3人の個人とひとつの組織がすべて無罪を勝ち得た段階で全精力を持って選挙に臨むと明言してきたが、非常に厳しい現実を突きつけられた今の段階では、法的な問題ではなく国民の目線を踏まえた判断が必要と考えている。日歯連盟が主体となり、組織代表の選考委員会を立ち上げ候補を擁立して選挙を行う方式は困難と、現時点では思っている。次回の理事会で機関決定を行う予定であるが、非常にハードルが高くなりつつあるのは間違いない。

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

都歯連盟・新春賀詞交歓会、鴨下一郎氏、丸川珠代氏、武見敬三氏らが登壇し祝辞

 東京都歯科医師連盟の「平成30年新春賀詞交歓会」が1月25日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで開催された。政界からは衆議院議員で自民党東京都支部連合会会長の鴨下一郎氏、参議院議員の丸川珠代氏、武見敬三氏らが登壇し祝辞を述べた。  政界関係者のあいさつでは、武見敬三議員が診療報酬改定の内容にふれ、「今改定では入院患者に関わる口腔健康管理の対象を広げる。その管理に伴う治療の拡大が大きなテーマになり改定の軸になるという状況になってきた。また、院内感染防止の具体的な内容として滅菌に関わる加算処置を強化することになる。入院患者の口腔健康管理に関わる歯科医師には、常勤その他の条件の緩和を行い、地元の地区歯科医師会の先生と連携する新しい仕組みを作っていくことになるだろう」と考えを述べた。

カテゴリー: 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

日歯会長予備選挙は現行の制度が最良と判断、全員選挙には否定的

 日本歯科医師会は1月25日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で定例記者会見を開催した。  蓮池芳浩理事は「日歯会長選挙のあり方検討臨時委員会」への諮問に対する答申の概要について、これまでの議論の経緯を明らかにし、「選挙権者を全会員にする、いわゆる全員選挙については委員全員が否定的であった。会長選挙というものは、法の中では構造的に会員の良識や矜持に頼らざるを得ない部分がある。このことをしっかり認識した上で考えた時、現行の制度が最良ではないかという判断をした」と述べた。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

歯科口腔保健推進室が今夏より省令室へ―厚生労働省

 平成29年度都道府県歯科医師会地域保健・産業保健・介護保険担当理事連絡協議会が1月24日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。  あいさつに立った厚生労働省の伊原和人大臣官房審議官は、「いよいよ歯科口腔保健推進室が今夏より省令室として稼働する。体制を整え中身のあるものへと進めていきたい。口腔領域は歯の問題だけでなく、介護、労働衛生など多くの分野に関わりが広がっており、多職種との連携のもとに充実を図る必要がある。地域においては自治体やさまざまな関連職種の方と密接な連携を持ちながら取り組んでいただくことをお願いしたい」と考えを述べた。

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

歯科衛生士、登録者約27万人に対し就業者は12万3831人

 厚生労働省委託事業「歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業」の一環として、「東京医科歯科大学歯学部附属病院・歯科衛生士総合研修センター設立キックオフセミナー」が1月14日、東京医科歯科大学歯学部附属病院特別講堂で開催された。  歯科衛生士の担う役割の重要性が増す一方で、有資格者の就業率が5割を切り、新人歯科衛生士の離職にも歯止めがかかっていない。厚生労働省医政局歯科保健課の和田康志課長補佐は、「就業歯科衛生士は平成28年末の時点で12万3831人。毎年7〜8千人の有資格者が生まれ、登録者は26万9226人いるものの就業割合は約46%と低い。未就業者の復職支援が重要」と課題を指摘した。

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。