作成者別アーカイブ: ikeipress

九州歯科大学が総合優勝―第51回全日本歯科学生総合体育大会(オールデンタル)

 第51回全日本歯科学生総合体育大会(オールデンタル)の夏季大会が、7月30日の弓道を皮切りに全国で23種目にわたって歯科学生による熱戦が繰り広げられ、8月10日に幕を閉じた。冬季部門の3種目を含めた総合優勝は140・13点を獲得して2位以下を引き離した九州歯科大学、第2位は日本大学歯学部、第3位は愛知学院大学歯学部となった。最終日の8月10日にはホテル日航福岡で閉会式が行われ、主管校を務めた福岡歯科大学の高橋裕学長から九州歯科大学の鳥巣毅理事に優勝旗が手渡された。

カテゴリー: 学会・イベント | コメントは受け付けていません。

比嘉奈津美氏の選挙対策本部が報告会

 日歯連盟の支援を受け自民党比例代表として立候補した比嘉奈津美氏の選挙対策本部は投開票が行われた翌22日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で選挙報告会を行なった。  7月21日に第25回参議院議員通常選挙の投開票が行われた結果、自民党比例代表候補者33名人のうち19人が当選したが、日本歯科医師連盟が支援した比嘉奈津美候補は11万45966票を獲得したものの20番目となり落選した。選挙対策本部による報告会には比嘉氏のほか、宮口嚴選対本部長、山田宏本部長代行、日歯連盟の高橋英登会長が出席。比嘉氏は、「期間が短かったとはいえこのたびの結果となったことは、ひとえに私の力不足」と述べた。 質疑では、「日歯連盟として支援体制は十分だったと考えているか」との問いに対し高橋会長は、「評議員会で支援を決定したので従来とは異なる形の選挙を進めることになったのが、マイナスが生じないよう配慮しながら新しいタイプの選挙を行ったつもりである」と答えた。  また、「組織代表が不在の期間がしばらく続くことになるがロビー活動等への影響は?」との問いに対し、「選考委員会を経た組織内候補がいなくともロビー活動等における力が大きく欠落することはないと確信している」とした。

カテゴリー: 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

武井典子会長が再選、「歯科衛生士の倫理綱領」を採択―日本歯科衛生士会

 日本歯科衛生士会は6月16日、東京・丸の内のステーションコンファレンス東京で、「令和元年度定時代議員会」を開催した。あいさつに立った武井典子会は、今期の成果と次期に向けた課題について考えを明らかにした。 議事に移り、第1号議案「理事及び監事の選任に関する件」では、任期満了に伴う役員の改選が行われ、武井会長の再任とブロック推薦の6名を含む20名の理事が信任された。また、監事には渡邊洋子氏(東京都所属)と今村敬氏(清明監査法人・公認会計士)の2名が定数内で信任された。  第4号議案「歯科衛生士の倫理綱領(案)に関する件」では、「歯科衛生士の倫理綱領策定に関する検討会」の金澤紀子委員長(日本歯科衛生士会顧問)が倫理綱領案の主旨、内容を説明し承認、採択された。倫理綱領は「前文」、「条文(全16条)」、「解説」によって構成されている。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

堀憲郎会長の3期目執行部の陣容が決まる―日本歯科医師会・定時代議員会

 日本歯科医師会の第190回定時代議員会が6月13日、14日の両日、歯科医師会館で開催された。第2号議案「理事選任の件」では、堀憲郎会長による3期目となる新執行部の陣容が決まった。  協議に先立ち代表者演説に立った堀会長は、「次に目指すステップは、国の財政や人口減少問題を踏まえ、しっかりした歯科の将来像を描き、歯科医院経営の安定化に基づいたわれわれの役割を実行することに尽きる。次期執行部では〝実行・実現〟のための個別的な取組みを、方向性に基づいた体系的な取組みとして推進する。その舵取りを24名の候補者担わせていただきたい」と述べ、理事候補者全員が信任を受けた。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

埼玉県歯科技工士連盟は看護協会擁立の石田昌宏候補を推薦

 関東地区歯科医師連盟役員連絡協議会が5月30日、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで、『第25回参議院選挙への対応となつみの会における後援会活動の取り組み方について』をテーマに開催された。  協議では埼玉県歯科医師連盟の高木忠雄理事長が、「次期参院選で埼玉県歯科技工士連盟は看護協会が擁立する石田昌宏候補の推薦を表明している」とし、その方針は上部団体である日本歯科技工士連盟の決定であることを明らかにした。高木理事長は、「石田候補とともに歯科界の代表である比嘉候補についても複数推薦を要請する」とし、他県の状況について確認を求めたが、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、神奈川県の歯科技工士連盟は比嘉候補の支援を決めていることが明らかになった。

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。