作成者別アーカイブ: ikeipress

「口腔機能低下症」の概念と診断基準について学会見解―日本老年歯科医学会

 日本老年歯科医学会は11月22日、「高齢期における口腔機能低下症」の概念と診断基準に関する学会見解の報道説明会を、東京・水道橋の東京歯科大学で開催した。同学会はかねてより口腔機能低下症の診断基準について検討を進めてきたが、10月に学会見解論文をまとめ、広く医療従事者と国民に周知するため会見を開く運びとなった。  櫻井薫理事長は、「高齢になり口腔ケアがおろそかになって1〜2歯程度の喪失や歯の動揺を放置していると、オーラルフレイル、口腔機能低下症、口腔機能障害に至り、国民医療費の増加を招く結果になる。そこで歯科が早期に口腔機能低下症に関与して前段階に引き戻すことが重要」とし、①口腔不潔、②口腔乾燥、③咬合力低下、④舌・口唇運動機能低下、⑤低舌圧、⑥咀嚼機能低下、⑦嚥下機能低下という7つの状態を診断し、このうち3項目が認められた場合を「口腔機能低下症」と判定し、それぞれの診断基準を明らかにした。

カテゴリー: 学会・イベント | コメントは受け付けていません。

衆参議員14名で「歯科口腔医療勉強会」開催―山田宏参議院議員

 都道府県歯科医師連盟会長・理事長・広報担当理事合同会議が11月10日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。来賓からは日本歯科医師会の堀憲郎会長のほか、関口昌一参議院議員、三ッ林裕巳衆議院議員の二人が出席してあいさつを述べた。会務報告の中では顧問弁護士の矢田次男氏が政治資金規制法違反に関する裁判の開始は年明け以降になるとの見通しを述べた。  特別講演では山田宏参議院議員が「歯科医療ビジョンを語る」の中で、衆議院8名、参議院6名の議員を募り「歯科口腔医療勉強会」を立ち上げて11月7日に第一回目の勉強会を開催し意見交換を行ったことを明らかにした。

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

山田美樹議員「歯科界の海外進出に向けて」と題し講演―東京都歯科医師連盟

 東京都歯科医師連盟主催による歯科関連企業との講演会が11月9日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。講演は衆議院議員の山田美樹氏による「歯科界の海外進出に向けて」、高橋英登会長による「今後の歯科界活性のために」の2題が行われた。  山田氏は前外務大臣政務官で現自民党財務金融委員会委員。日本の歯科関連産業の海外進出について、政府が打ち出しているアジア健康構想(日本の介護システムを輸出しようという連携プロジェクト)に触れ、「経産省による医工連携事業から生まれたポータブル訪問診療機器は間違いなく海外でのニーズが見込まれる。課題は現地でのメンテナンスだが、機器や材料だけでなく歯科医療とのセットで送り出すことが効率的」と考えを示した。  アジアでは2035年に総人口25億人のうち2割が高齢者になると推計され、その市場は500兆円と試算されている。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

月刊 『歯科医療経済』 2016年11月号を発刊しました

◆ 特集/ルールを守って効果を高める歯科医院の広告・宣伝(前) ◇ 内閣府が厚労省に美容医療広告の改善促す ◇ 医療広告等にまつわるトラブルと対応   /日本歯科医師会/瀨古口精良 常務理事 ◇ アナログだから効果的、地域に浸透する電柱広告   /東電タウンプランニング/川原林祥幸 広告企画部長 ◇ いま最も売れている歯科用看板を作った会社の広告戦略   /(株)ハックスター/田端道人氏、松田一樹氏 ◆ インタビュー   平均年齢30歳、「UNICON」が目指す   新業態 “入れ歯の会社” とは   /UNICON・日髙洋幸 代表 ◆ Topics ◇ 医療事故調査制度研修会を開催、現状と課題明らかに/日本歯科医師会 ◇ 2016年入れ歯感謝デー、多くの市民が訪れ賑わう/日本歯科技工士会 ◇ 健康医療アワード「凍結含浸法」など5品目が受賞/日本健康医療学会 ◇ 歯の健康シンポジウム、デンタルショー2016in大阪、都歯の日表彰ほか ◆ 巻末カラー ◇ 現役歯科美女図鑑/田中千久紗さん ◇ アラデンCultureClub/「ラッパー/MC」小安正洋さん ◇ … 続きを読む

カテゴリー: 月刊 『歯科医療経済』 | コメントは受け付けていません。

ミールラウンドと口腔リハビリをテーマに多職種が参加―日本訪問歯科医学会

 第16回日本訪問歯科医学会が11月6日、東京・お茶の水のソラシティカンファレンスセンターで開催され、約500名の歯科関係者が参加した。メインテーマは、「ミールラウンドから口腔リハビリテーションまで〜世界に誇る訪問歯科診療〜」。午前のシンポジウム「病院・介護施設でのNST・ミールラウンドの実際」では、多職種がそれぞれの視点から考えを示した。  管理栄養士の阿部貴代氏(永生病院・東京都)は、「経管から3食経口摂取に完全移行でき栄養状態が改善しても、食形態がミキサー食のままではやはり心残りがある。噛んで食べるには歯科関係者を含むミールラウンドが必要」と述べた。歯科衛生士の今井美季子氏(わかくさ竜間リハビリテーション病院・大阪府)は、「永遠の課題は水分摂取。不足を補うにはどうしても経管に頼らざるを得ないのが現状」とし、歯科医師の糸田昌隆氏(同)は、「栄養ケアマネジメントはすべて〝骨格筋量が生命予後を左右する〟という結論に行き着く。ポイントは歯科が参加して食事場面の観察・評価をすること」と問題提起した。

カテゴリー: 学会・イベント | コメントは受け付けていません。