作成者別アーカイブ: ikeipress

第49回全日本歯科学生総合体育大会(オールデンタル)、優勝は愛知学院大学歯学部

 第49回全日本歯科学生総合体育大会(夏季部門)が7月30日から8月9日まで行われ、全国で熱戦を展開。冬期部門の3種目を含め、愛知学院大学歯学部が152.25点を獲得して優勝した。準優勝は九州歯科大学(130.5点)、第3位は日本大学歯学部(120.75点)。 優勝  愛知学院大学歯学部(152.25) 準優勝 九州歯科大学(130.5) 3位  日本大学歯学部(120.75) 4位 大阪歯科大学 5位 明海歯科大学 6位 東京歯科大学 7位 日本歯科大学生命歯学部 8位 昭和大学歯学部 9位 日本大学松戸歯学部 10位 朝日大学歯学部

カテゴリー: 学会・イベント, 歯学部・歯科大学 | コメントは受け付けていません。

月刊 『歯科医療経済』 2017年8月号を発刊しました

特集/歯科の需給問題最新動向、歯科界の2025年問題を考える ◇ 供給推計と需要推計から考える歯科の需給問題   /国立保健医療科学院/安藤雄一 統括研究官 ◇ 歯科医師過剰だけが未来予想図ではない   /日本歯学系学会協議会/宮崎隆 理事長 ◇ 歯科衛生士受給の現状・課題・展望   /公社)日本歯科衛生士会/武井典子 会長 ◇ 海外を視野に入れた需要の開拓も必要   /一社)東京都歯科技工士会/西澤隆廣 副会長 ◆ Top Interview   少子高齢社会における組織拡充に向けた取り組み   /一般社団法人)東京都歯科技工士会/石川功和 会長 ◆ 巻末カラー ◇ 現役歯科美女図鑑/佐藤雅子さん ◇ アラデンカルチャークラブ/「サイクリング」山口幸一さん ◇ ようじ先生の復興日記・2017年夏/及川陽次 ◇ 緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会 ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊 『歯科医療経済』 | コメントは受け付けていません。

90年超す日本最古の歯科技工士養成学校の歴史に幕-愛歯技工専門学校

 公益財団法人愛世会「愛歯技工専門学校」が、平成30年以降の学生募集を停止し、平成31年3月に閉校することが決まった。  愛歯技工専門学校は、大正14年に歯科医師の鹿毛俊吾氏が創設。歯科技工士という職業を確立するために厚生省(当時)に働きかけるなど尽力し、現在の歯科技工業務の礎を築いた。卒業生には海外でも高い評価を受けている桑田正博氏など多くの優秀な歯科技工士を輩出している。  昨年1月には創立90周年特別講演会・懇親会を開催。岡野京二学校長は、「近年は全国の歯科技工士学校の受験者数が減少しているが、本校が100周年を迎え、再び皆様と再会できるようご支援を賜りたい」と述べていたが、全国的に歯科技工士志望者の減少傾向は改善せず、日本で最も歴史ある歯科技工士養成学校が閉校するという事態に、同校OBや歯科技工関係者は強い衝撃を受けている。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

日本歯科医師会、文部科学省に「平成30年度制度・予算に関する要望書」提出

 日本歯科医師会は7月20日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で定例記者会見を開催した。柳川忠廣副会長は、文部科学省に7月19日に提出した「平成30年度制度・予算に関する要望書」の重点的な要望項目について次のように報告した。 柳川 第一に「歯学教育から生涯研修まで一貫して連動するシステムの構築に向けた協議会の設置」を求めた。第二は「歯科大学・歯学部における多様な歯科医療ニーズに対応した歯学教育充実のための予算措置」である。新たな社会的ニーズの一つに在宅歯科医療の推進があるが、大学教育に中で訪問診療に関する教育は必ずしも十分ではない。法歯科医学、スポーツ歯科においても同様の状態なのでサポートを求めることとした。第三は「歯科衛生士、歯科技工士の人材確保」である。特に歯科技工士については受験者数の減少が著しく危機的な状況である。また、歯科衛生士においては教育内容と臨床現場にあまりにも格差があり、実践的な教育が必要と認識している。

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

日本学校歯科医会、川本強会長が就任記者会見、新役員の担当所管等発表

 日本学校歯科医会は7月19日、歯科医師会館で川本強会長の就任記者会見を開催し、新役員の担当所管等を明らかにした。あいさつに立った川本会長は、「学校歯科保健活動において慕われ、敬われる人材の育成に尽力する」、「学校歯科保健活動に必要とされる全国的な参考資料・教材を作成する」、「学校歯科保健活動を普遍的にかつ効果的に実践する組織構成と運営を行う」の3点をマニフェストとし、「学校歯科保健とは、例えれば頂上のない山登りのようなもの。子どもを中心に、学校歯科医、養護教諭、保護者、かかりつけ歯科医が共に連携を図る体制づくりを進めていきたい」と考えを述べた。 ◆新役員と担当所管(平成29年6月28日〜平成31年6月定時総会終結時) ▼会長/川本強(代表理事)▼副会長/齋藤秀子(生涯研修制度・学術)、柘植紳平(普及)、平塚靖規(広報・渉外)▼専務理事/長沼善美(総括・総務・会計)▼常務理事/澤田章司(総務)、阿部直樹(会計)、竹内純子(生涯研修制度)、野村圭介(学術)、江口康久万(普及)、佐々木貴浩(広報)▼理事/水谷成彦(学術)、一之瀬達也(普及)、吉岡弘二(普及)、阿左見葉子(総務)、山形光孝(会計・普及)、苅部 充(学術)、鈴木 博(学術・普及・全国大会)、赤松俊嗣(生涯研修制度)、上田保秀(広報)、實能田 尚(学術)、大林裕明(広報)▼監事/吉田慶造、奥田昌義、三箇正人。※敬称略。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。