カテゴリー別アーカイブ: 医療団体

神奈川県歯が子ども用不織布マスク21万6千枚を寄贈

 神奈川県歯科医師会は3月24日、子供用不織布マスク21万6000枚を県内の小学校・特別支援学校に役立ててほしいとして、神奈川県庁東庁舎で神奈川県教育委員会の桐谷次郎教育長に目録を寄贈した。  桐谷教育長は、「学校は新型コロナウイルス感染症から子どもたちの安全安心を守り、学びを保証してあげることが大切な役目。学校行事などの折りに有効に活用していきたい」と謝辞を述べ、松井克之会長に感謝状を贈呈した。

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

高野連の協力でマウスガードの普及を促進―日本学校歯科医会

 日本学校歯科医会の第105回臨時代議員会が3月23日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。  川本強会長は議案として上程する令和4年度事業計画について、①児童生徒への学校歯科保健教育「歯・口の健康づくり」、②継続事業として「口腔機能の発達不全に関する研究」と「スポーツ歯学並びに安全教育」、③新規事業として学校におけるICTを用いた歯科保健教育・後ろ向きコホート研究・コロナ禍における心身の変化の調査研究、の3つの柱を提示した。  また、マウスガードの普及については高野連の協力のもと、花巻東(岩手県)、大阪桐蔭(大阪府)、新田高校(愛媛県)、浦和学院(埼玉県)の野球部が春の選抜でも使用していることを長沼専務理事が報告した。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

日本歯科医師会が新ロゴマークを発表

 日本歯科医師会は2月24日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で定例記者会見を開催した。  広報関係報告では、日本歯科医師会の社会的役割を広く周知するために、統一感ある広報活動を視覚的にもわかりやすく発信する方法として、新しいロゴマークが小山茂幸常務理事より発表された。新ロゴは、口腔の健康維持によって歯科医師が「楽しく、豊かな」人生を歩むためのパートナーであるというコンセプトをデザインで表現した。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

デンタルミーティングや組織代表候補の認知度向上が課題―日本歯科医師連盟

 日本歯科医師連盟の定例記者会見が2月24日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で行われた。  浦田健二理事長による理事会報告では、昨年12月に全国の会員約5万人にデンタルミーティング等に関するアンケート調査を行なって回収した約1万1千件の回答から、7月の参院選について次のような課題が明らかになった。 「デンタルミーティングを知っている」6,571件(13.3%) 「山田宏を知っている」8,574件(17.4%) 「比嘉なつみを知っている」9,355件(19.0%)

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

日本学校歯科医会、令和3年度加盟団体長会をWEB形式で開催

 日本学校歯科医会の令和3年度加盟団体長会が2月16日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催され、WEB形式で全国へ配信され質疑を受けた。  あいさつに立った川本会長は岸田総理を表敬訪問した際に、大学内で歯科保健教育を推進するために、学校歯科医が存在する根拠となる仕組みづくりを要望したことを明らかにした。  報告では昨年10月21日にオンライン形式で開催した第85回全国学校歯科保健研究大会で、参加者は大会関係者を含む2785名、オンライン配信の視聴者は3232名に上ったことを明らかにした。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。