カテゴリー別アーカイブ: 医療団体

歯科医師によるワクチン接種の違法性を阻却

 歯科医師による新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について、厚生労働省は4月26日付けの事務連絡で、課題となっていた違法性について「公衆衛生上の観点からやむを得ない」として棄却した。  日本歯科医師会の堀憲郎会長は4月22日の定例記者会見で、「ワクチンの接種は医行為であって歯科医師が行うことは医師法違反にあたる。ただし医師や看護師が不足しており、国が違法性を阻却する措置を講じ、国や医師会からの要請があれば歯科界としては全面協力する」と考えを示していた。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

日歯連盟、次期会長及び監事候補締め切り、会長候補は1名

 日本歯科医師連盟は、3月26日に開催する第142回評議員会で議案上程する「次期日本歯科医師連盟会長及び監事の選出」について、2月22日午後5時に推薦候補者の受付を締め切り、会長候補者1名、監事候補者3名の届出を受理した。候補者名は次の通り。※敬称略 ▼会長候補者/高橋英登(東京都) ▼監事候補者/樋口壽一(鳥取県)、竹之下伸一(鹿児島県)、藤井重壽(東京都)

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

日本歯科医師会会長予備選挙、堀憲郎現会長が再選

 日本歯科医師会の会長予備選挙の開票が2月12日に行われ、現会長の堀憲郎氏の再選が決まった。  選挙権者総数は637人。投票総数は612票で有効投票数601票、無効票は11票だった。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

4月、5月の歯科患者数が前年比75%減―社会保険指導者研修会

 日本歯科医師会の「令和2年度社会保険指導者研修会」が10月8日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館から全国の都道府県歯科医師会にライブ配信された。  講演では厚生労働省の小椋正之医療管理官が演題『新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて』の中で、4月および5月の歯科患者数が前年に比べ75%程度に減少していること、小児科、耳鼻咽喉科、眼科の患者数の減少が著しいことなどを明らかにした。  研修では、小坂健氏(東北大・学大学院歯学研究科教授)が、予防策としてマスクの有効性が見直されていること、「公共イベントの中止」と「ロックダウン」が効果的であることを指摘し、「7〜8月に緊急事態宣言を行わずに感染者数を減らすことができたのはなぜか、4〜5月に比べ死亡者数・重症者数を減らすことができたのはなぜかを検証することが重要」とした。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

東京都歯科医師会、会長表彰で4名、保健文化賞で3地区を表彰

 令和2年度「東京都歯科医師会の日」表彰式が10月1日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。  今年は、会長表彰4名、保健文化賞(保健・医療・福祉の普及向上に功労のあった地区歯科医師会)は3地区が表彰を受けた。また、70歳以上で35年以上入会実績をもつ終身会員被表彰者は142名で、東京都歯科医師会の終身会員総数は1900名となった。  会長表彰は、関根正行会員(麻布赤坂)、松田秀之会員(台東区)、岡本孝会員(大森)、岩内恒雄会員(小金井)の4氏。保健文化賞は、公益社団法人浅草歯科医師会、公益社団法人東京都北歯科医師会、一般社団法人東京都清瀬市歯科医師会が、山崎一男会長から表彰状を授与された。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。