月別アーカイブ: 8月 2020

月刊 『DENTAL VISION』 2020年8月号を発刊しました

◆特集/社会変化と小児歯科の未来 ―人口動態と疾病構造の変化で考える過去・現在・未来― ◇子どもの生活を把握し実現可能な提案でモチベーションを高める  /早瀬龍 ◇機能不全への取り組みを名実ともに構築できるかが課題  /市川和博 ◇患者は三世代、目指すは「地域の生涯医」  /上濱正 ◇世界的な少子化の流れの中で歯科は何をすべきか?  /小谷田宏 ◇過去から見た小児歯科の未来  /大久保満男 ◆メッセージ  八千万円規模の新型コロナ対策予算で全県民に歯科健診  県歯科医師会に求められる新型コロナ終息後の新しい診療形態  /(一社)山梨県歯科医師会・三森幹夫 会長 ◆TOPICS ◇歯科医業経営調査、5月総件数・総実日数とも2割減/日本歯科医師会 ◇コロナ禍で疲弊する歯科医療機関を支援する第三の矢を検討/日本歯科医師連盟 ◇杉岡範明会長が再選、2020年度の基本方針示す/日本歯科技工士会 ◆ 巻末カラー ◇現役歯科美女図鑑/大木和巳さん ◇アラデンカルチャークラブ/「ロックギタリスト」清水義央さん ◇編集部突撃レポート/続々・マスクがついてくる新しい暮らし ◇緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会 ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。