デンタルミーティングや組織代表候補の認知度向上が課題―日本歯科医師連盟

 日本歯科医師連盟の定例記者会見が2月24日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で行われた。
 浦田健二理事長による理事会報告では、昨年12月に全国の会員約5万人にデンタルミーティング等に関するアンケート調査を行なって回収した約1万1千件の回答から、7月の参院選について次のような課題が明らかになった。

「デンタルミーティングを知っている」6,571件(13.3%)
「山田宏を知っている」8,574件(17.4%)
「比嘉なつみを知っている」9,355件(19.0%)

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2022年3月号を発刊しました

◆歯科オンライン診療と資格確認
―通信画像情報活用加算、電子的保健医療情報活用加算など新設
◇歯科におけるオンライン診療について
 /陵北病院歯科・元新宿区健康部参事/矢澤正人
◇2020年7月よりオンライン診療を本格提供
 /(株)バイテック・グローバル・ジャパン/牧洋介
◇オンライン資格確認について
 /日本歯科医師会・常務理事/宇佐美伸治
 /台東歯科クリニック・院長/冨山雅史

◆メッセージ
 歯科医師でない初の組織代表候補として今夏の参院選に出馬
 都政、国政、地位行政の長の経験をもとに歯科界のために何ができるのか
 /参議院厚生労働委員長/山田宏 参議院議員

◆TOPICS
◇代議員会5回目のWEB開催、日歯の新ロゴマーク決まる/日本歯科医師会
◇7月の参議院選挙への関心、候補者の知名度をどう高めるか/日本歯科医師連盟
◇診療報酬改定の答申受け、共同会見、政府主導で中医協の形骸化を懸念/三師会

◆ 巻末カラー
◇現役歯科美女図鑑/佐藤雅子さん
◇アラデンカルチャークラブ/『オリンピアン』/藤村祥子、小川勝さん
◇編集部突撃レポート/第50回国際ホテル・レストランショー
◇緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会

ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

日本歯科医学会、日本デジタル歯科学会を4月より認定分科会に登録

 日本歯科医学会は2月18日、第107回評議員会をオンライン形式で行い質疑を受けた。
 議事は全6議案が上程され、WEB上で投票を行いすべて可決承認された。
 第1号議案では、「一般社団法人日本デジタル歯科学会」(末瀬一彦理事長)が4月1日より認定分科会に登録されることが承認された。

カテゴリー: 学会・イベント | コメントは受け付けていません。

日本学校歯科医会、令和3年度加盟団体長会をWEB形式で開催

 日本学校歯科医会の令和3年度加盟団体長会が2月16日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催され、WEB形式で全国へ配信され質疑を受けた。
 あいさつに立った川本会長は岸田総理を表敬訪問した際に、大学内で歯科保健教育を推進するために、学校歯科医が存在する根拠となる仕組みづくりを要望したことを明らかにした。
 報告では昨年10月21日にオンライン形式で開催した第85回全国学校歯科保健研究大会で、参加者は大会関係者を含む2785名、オンライン配信の視聴者は3232名に上ったことを明らかにした。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

診療報酬改定について三師会が記者会見

 日本歯科医師会、日本医師会、日本薬剤師会は、令和4年度診療報酬改定について中医協答申が示されたことを受け、2月6日に東京・駒込の日本医師会館で共同記者会見を開催した。
 今改定の論点の一つである不妊治療と介護職員の処遇改善のために改定財源の0.2%が充てられたことについて、日本医師会の中川俊男会長は次のように考えを述べた。

中川 不妊治療を保険適用することについては〝あり〟だと思う。慎重論は財源面での指摘だったと考えている。首相の鶴の一声で決まったという指摘があるが、それは今回に限ったことではない。ただし中医協の議論が形骸化して見えたということもなくはない。中医協は厚労省トップの審議会である。その中医協の機能が少しでもぶれることのないように努めていていただきたい。

カテゴリー: 医療団体, 政治・行政 | コメントは受け付けていません。