カテゴリー別アーカイブ: 未分類

月刊 『DENTAL VISION』 2021年10月号を発刊しました

◆ウィズコロナで変容する学術大会 ―WEB開催のメリットとデメリット、今後の展望 ◇(公社)日本口腔インプラント学会/宮﨑隆 理事長 ◇(一社)日本歯内療法学会/阿南壽 理事長 ◇(公社)日本矯正歯科学会/齋藤功 学術大会運営委員会委員長 ◇(特非)日本顎咬合学会/黒岩昭弘 理事長 ◇日本歯科衛生学会/吉田幸恵 学会長 ◇日本アンチエイジング歯科学会/松尾通 会長 ◇日本歯科医学会学術大会公開フォーラムを終えて ―出演者からみたWEB配信の意義とリアルの価値 ◇日本スポーツ歯科医学会特別企画公演から ―リアル開催の緊張感がもたらす効果 ◆メッセージ  歯科医師が安心して老後を迎えるために  歯科医師国民年金基金の仕組みとメリット  /歯科医師国民年金基金/冨山雅史 理事長 ◆TOPICS ◇コロナ患者の診療評価拡充も5点加算は打ち切りへ/日本歯科医師会 ◇厚労省に歯科の審議官が誕生、比嘉奈津美氏が繰り上げ当選/日本歯科医師連盟 ◇次期参議院議員選挙では山田宏議員に東京から十万票を/東京都歯科医師連盟 ほか ◆ 巻末カラー ◇現役歯科美女図鑑/総集編 ◇アラデンカルチャークラブ/「エンタメ特集」 ◇編集部突撃レポート/ダイエット&ビューティーフェア2021 ◇緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会 ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2019年4月号を発刊しました

◆特集/歯科医院に事務長は必要か ―院長の負担を軽減し収益向上にも貢献できる事務長のあり方とは ◇経費の4割を占める人件費は本当に収益に結びついているか  /編集部 ◇「事務長アウトソーシングサービス」の費用対効果  /MOCAL(株)代表取締役・今野賢二 ◆メッセージ 日歯・堀憲郎会長、日歯連盟・高橋英登会長がともに再選 /日本歯科医師会・堀憲郎会長/日本歯科医師連盟・高橋英登会長 ◆TOPICS ◇歯科新ビジョン構想に外部有識者含む議論の場を検討/日本歯科医師会 ◇次期参院選比例代表選挙に比嘉奈津美氏の支援を決定/日本歯科医師連盟 ◇川本強会長が再選、来期中の公益社団法人移行に意欲/日本学校歯科医会 ◆ 巻末カラー ◇現役歯科美女図鑑/傳田恵子さん ◇ようじ先生の復興日記・2019年春/及川陽次 ◇編集部突撃レポート/Medtec Japan 2019 ◇緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会 ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2018年2月号を発刊しました

◆ 特集/歯科診療所で行う医療安全対策 ◇ HIV・AIDSにどう向き合うか―歯科医院の院内感染対策― ◇ 一般歯科診療時の院内感染対策Q&A   日本歯科医学会厚生労働省委託事業   「歯科保健医療情報収集等事業」より ◇ 介護老人保健施設の医療安全対策   ―最も大切なことは「見守り」の意識   /介護老人保健施設「池袋えびすの郷」/平井歯科医院 ◇ バリアフリー法にもとづいた歯科医院   診療室、キッズコーナーにも細かい配慮   /医療法人社団 RDC/酒井亮 理事長 ◇ 医療事故を防ぐ安全体制とは   ―できるところから着実に、大切なのは安全に対する意識   /医)明徳会 福岡歯科/福岡博史 理事長 ◆ 定例記者会見   公益社団法人 日本歯科医師会/堀 憲郎 会長   日本歯科医師連盟/髙橋 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ジャーナリストの池上彰氏が特別講演―全国学校歯科保健研究大会

 第80回全国学校歯科保健研究大会が11月16日、17日の両日、東京・春日の文京シビックセンターで開催された。  文部科学省の義家弘介副大臣、日本学校歯科医会の丸山進一郎会長らによる主催者あいさつ、優良校表彰等に続いて行われた記念講演では、ジャーナリストの池上彰氏が『国際社会で生き抜く力』をテーマに講演。米国大統領選挙におけるトランプ候補の勝因、世界規模で進む格差社会の歴史的背景、今後の国際情勢までをわずか1時間で平易に解き明かし会場の聴衆は大いに沸いた。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

健康医療アワード、山田養蜂場ほか5社を表彰―日本健康医療学会

 日本健康医療学会(佐藤元彦理事長)の第9回学術大会が10月23日、『長寿社会の美容と健康〝美は生命の輝き〟』をテーマに、東京・六本木のハリウッド大学院大学で開催された。  大会長講演につづいて基調講演4題が行われたのち、恒例となった健康医療アワード表彰式では、国民の健康医療に役立つ3000品目の製品と技術の中から5社が選ばれ受賞した。また、高齢者の介護食開発を推奨する農林水産省より広島県立総合技術研究所に感謝状が贈られた。 ◆授賞品目・技術 ①「ローヤルゼリーキングスリム」(山田養蜂場) ②「ウォシュレット」(TOTO) ③「弾性ストッキング コンプリネットプロハイソックス」(テルモ) ④「キズパワーパッド」(ジョンソン・エンド・ジョンソン) ⑤「凍結含浸法」(広島県立総合技術研究所) ※野菜などの食材を原型のまま軟化させ、風味や栄養を保持しながら介護食等へ応用する技術。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。