キッザニア東京で歯科の体験型スペシャルイベント開催

 日本歯科医師会とライオン株式会社は5月28日、東京・豊洲のキッザニア東京で、子供たちが歯科医師と交流する体験型のスペシャルイベントを開催した。
 日本歯科医師会の特設ブースでは体験型イベント『やってみよう歯科検診!はじめよう予防歯科!』を実施。親子に歯科医師が付き添い、デンタルミラーを使って口の中を観察し、オーラルケアに対する意識付けを図った。特別イベント『歯医者さんと学ぼう!今日からできる予防歯科』では日本歯科医師会の小山茂幸常務理事が、歯科治療で使用する器具や予防歯科の重要性について平易な言葉で説明し、クイズに答えた子供たちに記念品を渡した。

カテゴリー: 学会・イベント | コメントは受け付けていません。

都道府県会長会議、金パラ価格の逆ざや問題等について質疑―日本歯科医師会

 日本歯科医師会の第128回都道府県会長会議が5月24日、歯科医師会館で開催された。報告に対する質疑では、齊藤愛夫会長(福井県)が金パラ価格の逆ざやの問題について、「以前から続いている問題であり日歯としての対策を会員に示すべきではないか」と見解を求めた。
 この点について遠藤常務理事は、「自由経済の中でどこまで拘束できるか。価格調整の時期は引き続き検討していきたい」と述べた。
堀憲郎会長は補足説明に立ち、「メタルフリーの材料に置き換えることはできるが、これまで自費診療だったものを保険導入することにコンセンサスが得られるか。保険導入して歯科医療費が下がった時、その分を技術料に転化できる戦略があるのか、など課題は様々ある」とした。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2019年6月号を発刊しました

◆特集/歯科医師が運営する介護施設
―特別養護老人ホーム、介護老人保健施設の意義と展望
◇「幸せな職員がお客様を幸せにする」
 “職員ファースト”へ理念見直し
 (医社・社福)健恒会・細野隆也 理事長
◇介護老人保健施設の運営を通して歯科医療を考える
 (医社)六峯会・近藤修六 理事長
◇介護市場の将来展望、事業拡大から質の向上への転換期
 (医社)日成会・平井基之 理事長
◇介護施設に歯科が関わることの意義
 (医社・社福)健志会・黒田俊幸 理事長
◇歯科と介護保険をつなぐ制度の課題
 (公社)日本歯科医師会 佐藤保副会長、児玉剛 常務理事

◆メッセージ
第128回都道府県会長会議より
堀憲郎執行部3期目の執行に向け、歯科を取り巻く環境の課題を整理
/公益社団法人日本歯科医師会・堀憲郎 会長

◆TOPICS
◇歯科ビジョン検討会(仮称)委員の有識者人選進む/日本歯科医師会
◇キッザニアで歯科の体験型スペシャルイベント実施/日本歯科医師会、ライオン(株)
◇日技は看護協会を支援、日歯連盟の対応に不満相次ぐ/日本歯科医師連盟

◆ 巻末カラー
◇現役歯科美女図鑑/岩立雅子さん
◇アラデンカルチャークラブ/「ランニングドクター」黒田俊幸さん
◇編集部突撃レポート/SPORTEC2019
◇緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会

ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2019年5月号を発刊しました

◆特集/これからの歯科同窓会の役割
―大学教育への協力から女性歯科医師のキャリアパス支援まで
◇「自主創造」の理念復活を目指す古豪日本大学再起への取り組み
 /日本大学歯学部長・本田和也
◇大学・同窓会・学校法人の連携をもとに再起を目指す
 /鶴見大学歯学部同窓会会長・竹内千恵
◇全国大学同窓会による女性支援の現状と課題
 /「全国女性歯科医師の会調査委員会」委員長・中村文子

◆メッセージ
東京都女性歯科医師の会創立10周年記念大会
会員300名を超え新たな10年に向け発信
/東京都女性歯科医師の会・髙野博子 会長

◆TOPICS
◇日本歯科医師会・堀憲郎次期執行部の陣容が明らかに/日本歯科医師会
◇比嘉奈津美氏が参議院議員通常選挙出馬で記者会見/参議院選挙
◇藤本美貴さんと杉浦太陽さんが歯磨き子育てトーク/ブラウン

◆ 巻末カラー
◇現役歯科美女図鑑/佐藤雅子さん
◇アラデンカルチャークラブ/「曼荼羅作家」長尾広美さん
◇編集部突撃レポート/プレミアムフードショー 2019
◇緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会

ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

比嘉奈津美氏が第25回参議院議員選挙出馬にあたり記者会見

 7月に予定される第25回参議院議員通常選挙に出馬する比嘉奈津美氏が4月26日、東京都内で記者会見を開いた。参院選比例代表として4月24日に自民党より公認を受け、再び国政を目指すにあたり、比嘉氏は次のように考えを明らかにした。

比嘉 取り組むべき課題は多岐にわたりますが、中でも最も重要な課題は安定した歯科医院経営のための基盤づくりと考えています。診療報酬改定対策もその一つで、初再診料の医科歯科格差是正は日歯連盟の高橋英登会長がかねてより主張しているところです。課題を実現するためには歯科医療の重要性を訴え広く国民の理解を得ることが必要です。そのために、衆議院議員としての国政経験にもとづく人脈を有効に活用していきたいと考えています。極めて限られた期間ですが足を使って全国の会員に理解を求めていきます。

 比嘉氏は福岡歯科大学を卒業。女性初の沖縄県歯科医師会副会長、沖縄県歯科医師連盟会長を歴任。2012年の第46回総選挙で初当選後、自民党所属の衆議院議員として二期務め環境大臣政務官等を歴任。現在は日本歯科医師連盟顧問。

カテゴリー: 政治・行政 | コメントは受け付けていません。