第116回歯科医師国家試験、総合格者数は2,006人で全体合格率は63.5%

 3月16日、第116回歯科医師国家試験の合否結果が発表された。総出願数は3,669人、総受験者数は3,157人、総合格者数は2,006人で、新卒・既卒合計の全体合格率は63.5%(前回61.6%)と前回より上昇した。新卒のみの合格率は77.3%だった。
 大学別では、東京歯科大学(92.7%)が唯一、全体合格率(新卒・既卒合計)で9割を超えた。合格者数では、新卒・既卒合計で125人の合格者を出した大阪歯科大学が最多となった。また、合格者の男女比は、男性が54%(1,083人)、女性が46%(923人)となり、女性の占める比率が過去最高となった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2023年3月号を発刊しました

◆特集
多様化する歯科医院のトラブル対策
―高額な補綴物、美容歯科、医療広告に要注意、頼りになる相談先とは
◇法律家の視点/昨今の歯科医療におけるトラブル
 /弁護士・板谷直人
◇トラブル・悩みを解決し新入会員増、都道府県歯科医師会の会員支援
 /(公社)神奈川県歯科医師会・松井克之 会長
◇歯科医院のネットトラブル最新事情
 /メディカル・コミュニケーションズ(株)・原島功 代表取締役

◆メッセージ
 疲弊から脱却し、若者が集まる豊かな歯科界の実現を目指す
 /高橋英登

◆TOPICS
◇「こども家庭庁」発足を機に歯科健診の充実求める要望書/日本歯科医師会
◇歯科医学会会員と日歯会員は相互に入会促進を/日本歯科医学会
◇「歯科衛生推進フォーラム」をZoom形式で開催/日本歯科衛生士会

◆巻末カラー
◇現役歯科美女図鑑/田中双美
◇ようじ先生の復興日記・2023年春/及川陽二
◇編集部突撃レポート/Care Show Japan 2023
◇管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会

ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

「健口スマイル推進優良法人表彰」の表彰式と記念セミナー開催―日本歯科医師会

 3月7日に東京・市ヶ谷の歯科医師会館で、「健口スマイル推進優良法人表彰」の表彰式と記念セミナーが開催された。
 日本歯科医師会は、健康経営に取り組み、特に口の健康増進に積極的に取り組んでいる優秀法人を表彰して広く周知する「健口スマイル推進優良法人推賞制度」を創設。第1回目となる今回は最優秀法人賞に1法人、優秀法人賞に5法人が選ばれた。
 最優秀法人賞は日本アイ・ビー・エム健康保険組合、優秀法人賞には警察共済組合山口県支部、(株)CGSコーポレーション、(株)大和証券グループ本社、(株)トヨタ車体研究所、歯科産業界からは(株)ナカニシが選ばれた。写真は同社健康増進課の世田学マネージャーと日歯・堀憲郎会長。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

日本学校歯科医会、第109回評議員会をオンライン形式で開催

 日本歯科医学会の第109回評議員会が2月24日、Zoomによるオンライン形式で開催された。
 令和4年度日本歯科医学会会長賞は、研究部門で興地隆史氏(東京医科歯科大学)、佐々木啓一氏(東北大学)、山下喜久氏(九州大学)の三氏、教育部門では一戸達也氏(東京歯科大学)、大浦清氏(大阪歯科大学)、羽村章氏(日本歯科大学)の三氏が受賞した。また、地域歯科医療部門では西郷巖氏(神奈川県歯科医師会専務理事)が受賞した。
 住友雅人会長は日本歯科医学会会員の日本歯科医師会への入会状況についてふれ、「日歯の活動に主力を置く会員と分科会に主力を置く会員の間には認識のズレがある。共通認識を構築する手段は、〝日歯会員が分科会会員となり、分科会会員は日歯会員になること〟である」と考えを述べた。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

日本歯科医師連盟、定例記者会見に山田宏議員も出席し質疑応答

 日本歯科医師連盟は2月22日、歯科医師会館で第24回理事会終了後に定例記者会見を開催した。山田宏参議院議員も出席して質疑に答えた。
 あいさつに立った高橋英登会長は日本歯科医師会の次期会長予備選挙についてふれ、「さまざまな問題を解消し、国民のための良質な歯科医療を確保し、会員が安心して歯科医療に専念できるよう将来に向けた改革に一歩踏み出したという思い」と心境を述べた。
 山田宏議員は今後の国民皆歯科健診の法制化に向けた取り組みについてふれ、「予算は確保しましたので、今後必要なのは確実かつ継続的に健診を進めていくための法的なバックアップです。与野党との調整などを経て、できれば6月21日までの会期中の成立を目指したいと考えています」と考えを明らかにした。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。