東京都歯科医師会・新春懇談会、小池百合子都知事ら登壇し祝辞

 公益社団法人東京都歯科医師会の新春懇談会が1月9日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで開催され約300名の関係者が出席した。山崎一男会長の式辞につづいて出席した来賓より、小池百合子東京都知事、日本歯科医師会の堀憲郎会長、東京都議会の尾崎大介議長、東京都医師会の尾﨑治夫会長らが登壇し、祝辞を述べた。
 小池百合子東京都知事は祝辞の中で、「話題の書籍『ライフシフト』によれば、2007年に生まれた先進国の子供たちの50%が107歳まで生きるとされている。歯科医師会が推進する8020運動も〝10020運動〟に転換せざるを得ない時代が来るのではないか」とし、歯科医療の担う役割の重要性を示した。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

月刊 『DENTAL VISION』 2018年1月号を発刊しました

◆ 特集
2018年に輝く!歯科界、異才のチャレンジャー列伝

◇ アフリカの女性と子どもの自立を目指す支援活動を続けた30年
  /カラ=西アフリカ農村自立協力会/村上一枝 代表
◇ 世界にひとつの魚を生み出す「育種」の世界
  /日本グッピー学会/杉野裕志 主幹
◇ 台湾で新たな歯科治療の技術を指導、歯科医療に国境はない
  /一般社団法人SHTA/星岡才賢 代表
◇ ロボットが受付対応、未来型歯科医院の構築を目指す
  /医療法人RDC/酒井亮 理事長
◇ 3時間30分の壁に挑む女性フルマラソンランナー歯科医師
  /東京都女性歯科医師の会/佐藤雅子 理事

◆ 年頭所感
  公益社団法人 日本歯科医師会/堀 憲郎 会長
  日本歯科医師連盟/髙橋 英登 会長

◆ 注目の講演から
◇ 『8020運動』の30年を振り返り、その将来を展望する
  /8020推進財団・元理事/宮武光吉
◇ 歯科保健医療ビジョンについて
  /厚生労働省医政局歯科保健課・課長/田口円裕
◇ 災害と災害支援について
  /国立保健医療科学院・上席主任研究官/奥田英子

◆ 巻末カラー
◇ 現役歯科美女図鑑/安東未央さん
◇ かんず四コマ歯科医院/KANZ
◇ 編集部突撃レポート/第2回 高性能住宅設備EXPO
◇ 緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会

ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊 『歯科医療経済』, 月刊『DENTAL VISION』 | コメントは受け付けていません。

東京都歯科技工士会、新宿ワシントンホテルで新年祝賀会を開催

 一般社団法人東京都歯科技工士会の新年祝賀会が1月8日、東京・西新宿の新宿ワシントンホテルで開催され、120名を超える関係者が出席した。
 石川功和会長の式辞に始まり、日本歯科技工士会の杉岡範明会長が祝辞を述べたのち、組織の拡充に尽力した団体に贈られる感謝状が、在京歯科技工士学校同窓会連絡会、江東歯科技工士会、大田歯科技工士会の三団体に石川会長より手渡された。
 出席した来賓からは、東京都福祉保健局医療政策部医療人材課の松原かおり課長、東京都歯科医師会の勝俣正之副会長、東京都歯科衛生士会の藤山美里副会長、日本歯科技工学会の吉田比呂志会長、大東京歯科用品商協同組合の小越敏理事長が登壇し、祝辞を述べた。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

月刊 『歯科医療経済』 2017年12月号を発刊しました

◆ 特集
地域包括ケアシステムの構築が加速
歯科は病診連携にどのようにして参画するか

◇ <寄稿>地域の拠点病院の視点から
  伊東歯科口腔病院における地域医療連携の現状
  /伊東歯科口腔病院/伊東隆三 院長
  /伊東歯科口腔病院/廣瀬知二 訪問診療部長

◇ 歯科大学附属病院の視点から
  歯科総合病院における病診連携
  /神奈川歯科大学病院/小林優 病院長

◇ 都道府県歯科医師会の視点から
  地域医療における歯科医師会の役割
  /一般社団法人 千葉県歯科医師会/久保木由紀也 専務理事

◇ 医療・介護保険制度の視点から
  介護保険制度と地域医療連携の論点整理
  /公益社団法人 日本歯科医師会/佐藤保 副会長

◆ Top Interview
  歯学を超えた幅広い学術交流をもとに、歯学・歯科医療の重要性を社会に発信
  /一般社団法人 日本歯学系学会協議会/宮﨑隆 理事長

◆ 巻末カラー
◇ 現役歯科美女図鑑/松岡夏紀さん
◇ ようじ先生の復興日記 2017年冬/及川陽次
◇ 編集部突撃レポート/第3回トイレ産業展2017
◇ 緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会

ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊 『歯科医療経済』 | コメントは受け付けていません。

ジーシー社製のCAD/CAM冠用コンポジットレジン製ブロック、12月より保険収載

 日本歯科医師連盟の定例記者会見が11月22日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。高橋英登会長は冒頭のあいさつの中で、診療報酬改定に向けた考えを示すとともに、同日に開催された中医協総会で歯科材料が新たに期中導入されることを明らかにした。
 保険適用されるのは、CAD/CAM冠用コンポジットレジン製ブロック「セラスマート300」(ジーシー)で、平成29年12月より保険収載される。保険償還価格は5,230円。適応範囲は、上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、過度な咬合圧が加わらない場合等の下顎第一大臼歯。準用希望技術料は「M015-2 CAD/CAM冠 1200点」を大臼歯に対して使用する場合について、新規技術料として1400点とすることを希望する。

カテゴリー: 企業情報 | コメントは受け付けていません。