インプラント矯正の世界大会WIOCを神戸国際会議場で開催

 『第9回World Implant Orthodontic Conference(世界インプラント矯正歯科学会)』および『第59回近畿東海矯正歯科学会大会 学術大会』が、7月2日から3日間にわたり、神戸国際会議場にて共同開催された。
 初日に行われた開会式では、近畿東海矯正歯科学会の松本尚之会長、兵庫県歯科医師会の澤田隆会長らとともに、WIOCの嘉ノ海龍三大会長も登壇し、念願であった世界大会を日本で開催できたことの喜びを語るとともに、「今日は皆様の熱気で梅雨前線が消し去った。ただ、くれぐれも熱中症には注意して欲しい」とユーモアを交えて関係者・来場者への謝辞を述べた。

カテゴリー: 学会・イベント | コメントは受け付けていません。

東京都歯科医師会、山崎一男会長の新執行部の陣容を発表

 東京都歯科医師会は7月10日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で記者会見を開催し、新執行部の陣容を明らかにした。
 冒頭のあいさつに立った山崎一男会長は、「髙橋哲夫前会長の実績を継承し、確実にしていくことが現執行部の仕事」と述べた。具体的な取り組みについては、「事務局を改変し機能的に動かしていくことと、会立歯科衛生士学校をどのようにして存続していくかということ、大きなところはこの二つ」とした。
 執行部役員および担当所管は次の通り。(任期は平成29年6月22日〜平成31年6月定時代議員会終結時、敬称略)

▼会長/山崎一男(総括)
▼副会長/井上恵司(保険、医事処理、教育)
 勝俣正之(学術、公衆衛生、センター・介護)
 阪柳敏春(医療管理・調査、医事相談、福祉共済、広報・IT、厚生文化)
▼理事/湯澤伸好(専務)、岡田信夫(総務)、小野寺哲夫(会計)、
 山本啓太郎(学術)、山本秀樹(公衆衛生)、織田泰之(センター、介護)、
 小野沢真一(社保)、稲葉孝夫(国保)、山口幸一(医療管理、調査)、
 千葉 治(医事処理)、西崎威史(医事相談、福祉共済)、
 小笠原浩一(広報・IT、厚生文化)、下重千恵子(教育)
▼監事/早速晴邦、田口文彦、髙橋秀直

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

日本歯科医学会「歯科診療行為のタイムスタディー調査2016年版」を発表

 日本歯科医学会は7月10日、「平成29年版新歯科医療機器・歯科医療技術産業ビジョン」および「歯科診療行為のタイムスタディー調査2016年度版」の発行記念会を東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催した。
 「平成29年版新歯科医療機器・歯科医療技術産業ビジョン」についてはビジョン作成ワーキンググループ座長の興地隆史氏(東京医科歯科大学教授)、「歯科診療行為のタイムスタディー調査2016年度版」についてはワーキンググループ座長の小林隆太郎氏(日本歯科大学教授)がそれぞれ概要を説明した。
 このタイムスタディー調査は外来で行う診療行為に要する時間を人件費に換算したもので、小林氏は、「本調査だけで社会保険診療報酬に強く言及することは適切でない。このドクターフィー的要素以外にスタッフの人件費や材料費などホスピタルフィー的要素を踏まえた総合的な分析でなければならない」と今後の課題を示した。ホスピタルフィー的要素には、医療従事者の人件費、診療器材、材料費、技工料、施設運営に伴う必要経費などがある。分析によれば、東京都内診療所の1時間当りのホスピタルフィーは13,207円と試算されるという。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。

月刊 『歯科医療経済』 2017年7月号を発刊しました

特集/小児、高齢者・要介護者、成人女性などを対象に行う
効果のある実践的な保健指導

◇ 小児歯科、歯みがきの前に考えなければいけないこと
  /早川歯科医院/早川龍 院長
◇ 高齢者・要介護者、幅広い視野で患者さんを理解する
  /エビナ歯科クリニック/蝦名勝之 院長
◇ 美容歯科、通院が楽しくなる提案型の情報提供
  /アミーズ歯科クリニック/酒井暁美 理事長&小坂真弓さん
◇ 研究者の視点、ヘルスが歯科医院経営を支える時代へ
  /鶴見大学歯学部探索歯学講座/花田信弘 教授
◇ 歯科医療は“シックビジネス?”、“ヘルスビジネス?”
  /モンゴル医科大学歯学部/岡崎好秀 客員教授

◆ Top Interview
  設立から35周年「新・顎咬合学」を掲げ国民の健康・幸福に寄与を目指す
  /特定非営利活動法人)日本顎咬合学会/上濱正 理事長

◆ 巻末カラー
◇ 現役歯科美女図鑑/小樋香織さん
◇ アラデンカルチャークラブ/「ボウリング」小笠原明さん
◇ 編集部突撃レポート/第30回インターフェックスジャパン
◇ 緑風荘病院管理栄養士の食支援日記/社会福祉法人緑風会

ご購入はこちら(シエン社の該当ページ)

カテゴリー: 月刊 『歯科医療経済』 | コメントは受け付けていません。

日本歯科医師会「レセックサービス」の提供継続をNTTデータと合意

 日本歯科医師会の定例記者会見が6月29日に歯科医師会館で開催された。報告では、杉山茂夫常務理事がレセプトソフト「レセックサービス」に関する今後の対応について次のように明らかにした。

杉山 平成28年2月にNTTデータからレセックサービスの運用に係る連絡文書が発出され、翌月発足した現執行部が今日まで対応を続けてきた。これまでに連絡協議会を3回、実務担当者レベルの調整会議を17回、執行部によるレセックボードを2回ひらいた結果、本年4月20日に日歯とNTTデータが覚書を交わした。その概要は次の通りである。
① 現行サービスの後継サービスへの継続条件について確認した。
② 現行サービスにおいてオプション契約としている一部サービスを、月額利用料金に含めることでさらなるサービス向上を目指す。
③ 次期サービスの月額利用料金を29,500円(税別)とする。
 この覚書をもとに基本契約を締結し、レセックサービスの継続について合意した。会員の先生の利便性を高める観点からの方策をNTTデータから提供していただいたが若干費用は上がることになる(現行19,800円/月)。

カテゴリー: 医療団体 | コメントは受け付けていません。